ルイヴィトン マルチ
null
[ZOO]日本製・牛革・イタリアンレザー ・マルチ・フェレット・ペンケース・ZPP-001 (青ネイビーブル×ゴールド)
__4,10400
[ZOO]日本製・牛革・イタリアンレザー ・マルチ・フェレット・ペンケース・ZPP-001 (青ネイビーブル×ゴールド) 
iphone6 / 6 plus メッシュ 調 手帳 型 スタンド ケース / カバー アイフォン 財布 【AZEAL】
__1,98000
iphone6 / 6 plus メッシュ 調 手帳 型 スタンド ケース / カバー アイフォン 財布 【AZEAL】 
華麗 キャンディーカラー 紳士 ファッション ベルト VV文字 バックル メンズ カジュアル PUレザー
__2,98000
華麗 キャンディーカラー 紳士 ファッション ベルト VV文字 バックル メンズ カジュアル PUレザー 
超硬 タングステン バー リュータービット シャンク 3mm 切削 研磨 用 (10本 / 20本 セット)
__2,559 - 4,99900
超硬 タングステン バー リュータービット シャンク 3mm 切削 研磨 用 (10本 / 20本 セット) 
S25 シングル LED 36連  2個セット
__1,68000
S25 シングル LED 36連 2個セット 
超薄 iphone5・5S アルミ削りだし バックル式 バンパー ケース / カバー 0.7mm 【iphone & iPad 用 ホームボタン シール 付き】
__1,780 - 1,98000
超薄 iphone5・5S アルミ削りだし バックル式 バンパー ケース / カバー 0.7mm 【iphone & iPad 用 ホームボタン シール 付き】 
null 今日は竜太たち六年二組の炊事遠足なのだ。坂部先生は四年生の時も、五年生の時も、炊事遠足につれて行ってくれた。銘々が握り飯を持ち、馬《ば》鈴《れい》薯《しよ》や人参にんじん、牛《ご》蒡《ぼう》などを少しずつ持って行く。豚肉は先生が買って行く。もう三年目なので、みんな炊事遠足の要領をよくのみこんでいる。この炊事遠足は六年生では坂部先生の受持だけで、ほかの組の生徒は羨《うらや》ましがっていた。六年一組の先生は、若い師《*》範学校出の男の先生で、ズボンが破れそうなほどに、ぴちぴちにふとっている。浅黒い顔に真っ白い歯がいかにも健康そうであった。が、六年一組の生徒たちが炊事遠足に行きたいと言っても、 「おれは男だ。炊事は女の子のするもんだ」  と、にべもなく断るという。三組の先生は四十も半ばを過ぎた先生で、いつもうつむいてとぼとぼと廊下を歩く。声も小さい。にこにこはしているが妙に生気がない。炊事遠足など、頼んでも無駄なような先生だった。四組の受持は女の先生で、いつも紫の矢《や》絣《がすり》の銘《めい》仙《せん》の着物を着、紫の袴《はかま》を穿《は》いている。 「それは無理よ」  という言葉が口癖だとかで、この先生もまた、日曜日を潰《つぶ》してまで、一人で自分の生徒たちを炊事遠足につれて行くだけの元気はないようであった。  先頭に立って歩いているのは楠夫だ。楠夫は六年生とは思えぬ背の高さだ。腰に握り飯の風呂敷包みを括《くく》りつけ、網に入ったドッチボールを紺絣の着物の肩にかけ、上機嫌で歩いて行く。  竜太は一番うしろだ。楠夫と肩を並べて歩いて行く坂部先生の姿を見ながら、竜太は、 (どうしようか)  と、胸の中で繰り返した。昨日先生に、竜太は残された。何のことかと不安だった。坂部先生は、誰もいないがらんとした教室で、竜太の席の隣に竜太と並んで言った。 「お前、ほんとに中学に行かないのか」  先生は、ちょっと心配そうな顔をして、竜太を見た。何で残されたのかと思っていた竜太はほっと安心した。六年生も九月に入ると受験のための補習授業が始まるのだ。 「進学を希望する者は手を上げて」  先生が聞いた時、クラスの三分の一程が手を上げた。楠夫が、誰よりも大きな声で、「ハイッ」と答えた。思いがけなく中原芳子も手を上げた。竜太はうれしかった。芳子の父は、芳子が四年生の十月頃から勤めに出ることができるようになった。近くの造り酒屋「北の松」という会社だった。姉の美千代が家じゅうの者に知らせた時から二年経《た》つ。あの時父の政太郎が言った。 「『北の松』か。堅い店で、よかったなあ」 「北の松」は、名の知られた会社だった。旭川は川の街で、石《いし》狩《かり》川とそれに注ぐ牛《う》朱《しゆ》別《べつ》川、忠別川、美《び》瑛《えい》川と四つの川が流れている。水量も豊富で、水も清かった。また旭川を取り囲む上《かみ》川《かわ》盆地は、上川百万石といわれる米所であったから、竜太の家を中心に、半径五百メートル以内だけでも、六つ七つの造り酒屋があった。その中でも一、二を争う大きな酒屋に勤めたというわけだから、竜太たちも喜んだ。もう治らないだろうと思われていたほどの病気が、同じ長屋の鍼《しん》灸《きゆう》師の鍼《はり》が効《き》いたか灸が効いたか、とにかく芳子の父親は見事に健康を回復することができた。芳子はもう納豆売りをしなくてもすんだし、母親も働きに出る必要がなくなった。  坂部先生に、中学に行かないのかと問われた竜太は、大きくうなずいた。 「どうして? 高等科を出てすぐに質屋を手伝うつもりか」 「ぼく……質屋はやりません」