ルイヴィトン ボスフォール卸売 ルイヴィトンマルチカラー人気_ネット上で買ってルイヴィトン ボスフォール信頼できるでしょうか|ルイヴィトン ボスフォール価格


2015-01-23 23:13    ルイヴィトン ボスフォール
「私は……あの……なにも覚えておりません」 「しかし——」 「ほんとうに、私はなにも……」  頑なに首を振り続ける女中の姿に困惑して、ルドヴィコは彼女の祖父を見上げた。  壁際に立つサント老人は、不安げにうつむくだけである。  ベネデッタの真意をはかることは、ルドヴィコにはできなかった。だが、恐怖に怯える彼女の態度が、演技であるとはとても思えない。いずれにせよ、これ以上の事情を彼女から聞きだすのはできそうになかった。ルドヴィコは、話題を変えた。 「——礼拝室の掃除は、おまえの役目だったのだな?」 「は……はい」  ベネデッタが、怯えたまなざしをルドヴィコに向ける。 「アッラマーニという男は、信心深い男だったのか。屋敷に礼拝所を設け、毎日掃除をさせるほどに」 「いえ。それは……わかりません」 「礼拝する彼奴の姿を見たことは——?」 「ありません。私は存じません」 「ふむ——では、あの礼拝室は、アッラマーニがしつらえたわけではないのか。先代の館主が用意したのかもしれんな」 「わかりません……私がこのお屋敷に仕えるようになったころには、もう今と同じ様子でしたから」 「そうか」  なかば予期できたベネデッタの回答に、ルドヴィコはかすかな失望を覚えた。  彼女が嘘をついている様子はない。