ネット上で買ってダミエグラフィット財布 ルイヴィトンダミエグラフィット手帳|ダミエグラフィット財布格安2014|ダミエグラフィット財布公式


2015-01-24 20:44    ダミエグラフィット財布
 滑稽さが、美井奈にドラゴ・ブラー、トキョーの死を忘れさせた。  美井奈は、その滑稽な光景を観戦しようという気分になった。  美井奈は、手にしていた短剣の刃を舐《な》めた。血で汚《よご》れているのが気になったからだ。  美井奈が、舐めたのは、ジョクの血だ。 「…………!?」  美井奈は、うすぼんやりした頭のどこかで、知っている血の味だと思った。  ガロウ・ランの世界は、人や生物の澱《よど》んだ血が作り出す世界に似ているのであろう。  その空気に慣れた美井奈の知覚と味覚、嗅覚《きゅうかく》は、血の味を識別することができたのだろう。  美井奈は、短剣《たんけん》の刃を見つめた。  舌に残った血の味が、彼女の奥深いところにある『何か』を揺《ゆ》さぶった。 『美井奈を騙《だま》した奴《やつ》に……!』  ジョクの絶叫《ぜっきょう》が、美井奈の頭の芯《しん》を撃《う》った。  美井奈は、もう一度、短剣の血を舐《な》め、唇《くちびる》で、舌の上の味を確かめた。  涙《なみだ》が、溢《あふ》れて来た。 「この味は……せ、ん、ぱい……?」  断片的な音《おん》が、美井奈に、記憶《きおく》を復活させていった。 「……ジョ、ク、さん……?」  美井奈の唇から、ジョクの名前がこぼれた。