ルイヴィトンアンティア価格のいくら,ルイヴィトンミックpm,規格品の販売ルイヴィトンアンティアサイト,世界ブランドルイヴィトンアンティア


2015-01-24 20:30    ルイヴィトンアンティア
「フッ……!」  意識して、カラテで教えられた呼吸法で息をついた。 「チャム、機種はわかるか?」  ジョクは、チャムが潜遠鏡に似た覗《のぞ》き窓のひとつを使えるように自機の姿勢をとりながら聞いた。 「ハインガットじゃない。ガベットゲンガーか?」  嫌な答が返ってきた。 「やっぱりな」  戦闘行為とは、こういうものなのだ。ハインガットや、ドーメとかドメーロであれば、今の戦闘展開でなんとか対処のしようがあった。  が、ドウンドロの影は薄くなって、それを楯《たて》に使えるようには見えなかったし、なによりも、後続機よりは、前方の敵機の編隊の方が距離がちかい。 『ドウンドロは、ドレイク軍にとって面倒な方位に移動しているのか……』  余分なことを考えてしまう。バイストン・ウェルに降りてからのジョクの習性になっていることだ。が、これでは、鋭利な戦闘はできない。  それがカラテ道の教える戦闘者の心構えである。  集中と戦闘の回避。そして、戦いに巻き込まれたならば、一撃で撃破しなければならない。そうしなければ、やられるのである。  しかし、オーラバトラーに精力を吸い取られたような疲れが、身体の芯《しん》にのこっているのだ。 「チャム、降りろ」 「え? なに?」 「今度の戦闘は今までみたいにはいかないだろう。やられるぞ?」 「そのつもりでやるのか?」