ルイヴィトングラフィットベルト
null
[Smile You] ショルダーバッグ 縦型 市松柄 【ブラック/ブラウン】
__5,18000
[Smile You] ショルダーバッグ 縦型 市松柄 【ブラック/ブラウン】 
null 組み上がった骸骨兵たちへ突進する。獅子の爪が切り裂き、狼の牙が喰らい、騎士の槍が|薙《な》ぎ払った。いくら受肉しようが、いくら溜め込もうが、たかが数百年程度の思念が、ソロモンの魔神に敵うべくもない。 「たっぷりと、魂の底から後悔していただきますわよ」  アディリシアの微笑とともに。  老人の肖像画が、『叫び』を発した。  ——|死を想え《メメント・モリ》。 「同じ手が何度もきくと——」 「——思わないでくださいませ!」  唱和した声とともに、ふたりの身体からも呪力が放たれる。  魔術として練られる前の、純粋な呪力。それが肖像画の『叫び』とぴたりと重なり——『叫び』を打ち消した。 「ふん。結局のところは、呪力を乗せた言霊の類でしょう? 種がばれた手品ぐらいなら、私にだってできますわ」  アディリシアが艶然と胸を張る。  すでに、骸骨兵も、ほとんどが崩れていた。  猫たちが、ソロモンの魔神が、肖像画をねめつける。 「さて……」  アディリシアが面白そうに隣を見た。 「入札は、どうなさいます? |呪物《フェティシュ》だというのは明らかになりましたし、〈協会〉へは〈ゲーティア〉から届けておきましょうか? なんでしたら、〈アストラル〉の協力もあったぐらいは|添《そ》えておきますけれど」