收藏

偽物ビト ン長 財布編集

 「あ・・・あぁあああああっ・・・」  思っていた刺激と全く違う刺激に、ルリは、喉を仰け反らせ、全身を押し入ってくる指がもたらす、快感に震わせる。  そして、アキトは、その指をゆっくりと前後へ動かす。  「あ・・・あ・・・くぅん・・・ふっ・・・あん・・・あん・・・」  一番奥の扉を突つかれるたびに、ルリの喉から、絞り出されるような喘ぎ声が発せられる。  アキトの指に従い、ルリの腰が前後、上下に淫らにくねる。  しばれて自由を奪われている指先は、空を掻き、足の指ら、内側へ力いっぱい反る。  ルリのヴァギナは、アキトの指を締め付け、その締め付けは、ルリの喘ぎのリズムと鼓動のリズムに従い、微妙な強弱を 作り出す。  アキトの、指先には、コリコリとした子宮口が感じられ、そしてその近辺には、男を快楽へ誘うざらりという感触のある極小 さな肉の粒がそのリズムによって蠢いている。  そして、ゆっくりとしたリズムにルリが慣れた頃を見計らったように、アキトの指が外へ向かいほんの少し曲げられ、そして スラストのリズムが突然早くなり、ざらりとしたその肉粒のある辺りを下から突き上げた。  「いやぁあぁあああああっ!」  背筋を駆け上がってきた、思いもかけぬその快感の強さに、ルリは哭くしか術が無い。  さらに、それに合わせ、アキトは、張ち切れんばかりに固くしこっているルリの真珠に吸い付くと、肉のベールを舌でかき分 け、そこをアキトは、甘噛んだ。  「・・・だめぇええええ、それだめぇええええっっっっっ!! うぁああああああ・・・絶頂(い)く・・・あん・・・ああん・・・私・・・い、
表示ラベル: