何かヴィトン 財布 新作 2012 秋冬いい|ラウンドファスナー長財布_「図」|モールヴィトン 財布 新作 2012 秋冬


2015-02-05 19:31    ヴィトン 財布 新作 2012 秋冬
 炎や煙の通過方向を、はっきりと読み取れる。しかも、顔には火傷があるにも拘《かかわ》らず、頭髪は焼けていない。この現象は床面をなめるように、炎や煙はこなかったからである。  そこまで話すと、若い監察医や補佐らもあとの説明は、いわずもがなでわかったようであったが、私はあえて言葉をつづけた。  彼女が床面に倒れている五〇〓か一m上を炎や煙は通過しているからで、顔は熱によって火傷をしても、頭髪には炎はかからず熱だけであったから、焼け落ちることはなかったのである。ビル火災のような場合には、低い姿勢をとり、タオルなどでマスクをしながら逃げれば、助かる可能性は高いといえる。  ところが彼女の場合は、現場がまっ暗闇で煙は見えなかったから、煙の中に頭をつっ込み、立って手さぐりで逃げていたからたまらない。たちまち一酸化炭素中毒を起こして、意識を失い倒れてしまったのである。  死体は見事に、事故の現状を物語ってくれていた。  そこまで読みとれれば、監察医として一人前である。  説明が終ると、若い監察医は何度もうなずき、勉強になりましたと一言つぶやいた。  検視官も私の分析に納得したようであった。  しかし、もう一つ解剖して欲しい理由があるのですと、検視官は言葉をつづけた。